漫画とか | 週刊少年生理ブログ

週刊少年生理ブログ

メンスな日々 

doujin




twitter



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
web clap



RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE
PROFILE


OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雑記

読んでて涙でた。
漫画への愛で溢れてる。
特に漫画の神様って話が良かった。

金魚屋古書店の方も読んでみたい。

実在する古漫画をキーに展開する人間ドラマ。
僕の知ってる漫画なんてホント少ない。
漫画の海は果てなく広い。
これからも出来るだけいろんなもん読むぞー。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 漫画とか | 10:32 | - | trackbacks(0) |
雑記

バクマンの1巻がやっと出る…って発売日には手に入らない田舎の悲しさ。
今日、買ってきます。

バクマンと合わせて読んで頂きたい作品。

漫画家残酷物語
漫画家超残酷物語
小規模な僕の生活
カラスヤサトシ
燃えよペン
アオイホノオ
失踪日記
恋の門

漫画家残酷物語はバイブルです。
漫画とか興味ない人にもわかりやすく説明してみよう思います。

セックス残酷物語

男A:「…お前、またこんな遅くまで残業して…一体、いつ寝てるんだ…」

男B:「月に3度の高級ソープへ行く為なら、月200時間の残業も苦ではない」

男A:「…そんなに好きなのか」

男B:「セックスには夢がある。俺は全国の未婚の低所得非モテ男子よりも経験値が上だという優越感が得られる。俺は全国の非モテが『セックスしてぇ』なんて嘆いているのを鼻で笑って生きていたいのさ。恋だ、愛だの謳ってみても最終的にすることは一緒だろ?人間の最も純粋な願いであり、生き物の根幹を司る高尚たる行為じゃないか。セックスのためだけに生きる。シンプルでわかりやすいだろ。俺はその為に働いて、その為に飯を食い、その為に呼吸をする。あらゆる無駄を省いて合理的にセックスのみを求めソープへ行き女を抱く。しかも自分じゃモノに出来ないような可愛い女性でも金さえ出せばいくらでも出来るんだからね。それだって、恋愛してる間にかかるコストに比べりゃ、よっぽどローコストさ。なぁ、世の中に『セックスしたくて恋愛してるのか恋愛したくてセックスしてるのか』を上手に説明できる奴が何人いるんだい?金を出すか出さないかの違いだけで大差ないさ。俺は嘘をつかないだけだ。お前らこそ体裁ばかり気にするただの嘘つきなのさ」

男A:「…そんなもんかねぇ(そうやって何でも自分の理屈で世の中が割り切れると思ってやがる。そう思ってるうちは貴様のセックスもたかが知れたもんさ。世の中はお前さんが思ってる何倍も広くて深い)」


…こんな感じかなぁ。

純然たる思いの結晶であって、媚びを売った上で得る評価に大した意味などにゃい。
漫画がテーマの漫画なら漫画家残酷物語がいちばんお勧めです、僕的に。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 漫画とか | 12:36 | - | trackbacks(0) |
純情パイン 1 (1)
色んなところで絶賛されている純情パインですが、女性が描くシモネタって何かリアルですよね。逆に漫☆画太郎先生のシモネタは、紛れもなくファンタジーです。いや、純情パインもファンタジーなんですけどね、ミチルの糞が長すぎだろって思いました。

むかーし、ちゆ12歳が作者のなみえはんの顔がマジでこえーとか書いてましたけど、僕、こういう女性めちゃめちゃ好みなんですけど…。

でも、最近の漫画家とか声優とかアニメーターとか可愛いコ多いですね。
僕も頑張りたいです。

女性で思い出したんですけど、クリスマス近い訳で、僕、マジでギリギリまで予定空けておくんで、アレですよ。そんな片意地張らないで、なんかもう素直に飛び込んできていい。今飛び込まないと、たぶん3日くらい後悔すると思うし、結局、なんていうか、見た目とかって皮膚の問題だけでさ、やっぱ人間、皮膚よりも大事なことがあると思うんだよね。それに、頭皮なんて皮膚のほんの一部だし、そこから生えてくる髪の毛なんて代謝の残りカスみたいなもんだから、まぁ、アレですよ、大事なのは見方を変えて生きてみるのもいいんじゃないかなぁってことなんだよね。ヲタクとかキモイとかって、ホント、今の時代しか通用しない訳だし、むしろ前衛的なんじゃないかな?むしろ、シャンプー代と床屋代も浮くしエコロジカルなんだよね。豚肉食べようとしたら毛がついてたらイヤじゃない?そういうことですよ、要は。

純情ボイン待ってます!


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 漫画とか | 18:21 | - | trackbacks(0) |
刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))
作者自身が、自首して刑務所に入った時の実体験を元にした漫画です。

作者の刑務所の中のことをこと細かく覚えている記憶力に脱帽しますね。
さすが花輪くんだねベイビー。
しかし、作者が、ちびまるこちゃんの花輪くんのモデルだって聞いてはいましたけど、花輪くんが大人になったらこうなるのかなぁ…。

罪人の受刑者の方が、僕よりよっぽどいい物を毎日食ってる事実に驚愕します。
僕の毎日は納豆、シーチキン、レトルトカレーのメニューのヘビーローテーション。
それに比べ刑務所の中ときたら、毎日、いろいろ栄養が整った食事が出るんです。

食事の話を見ていて思ったのは、人間って本当に『甘いもの』を求めるんですね。
たまに甘いものが出ると受刑者の方々は本当に嬉しいみたいです。

規則正しく規律ある生活。
毎日出される栄養の計算された食事。
それなりにテレビを見れたり、エロ本読んでオナニーだって出来る。
職業訓練も受けれるし、資格も取れるし、給料も貰える。
人殺しも、そんな生活送ってるんですよね。

罪を憎んで人を憎まずとは、よく言ったもんですね。
なんか刑務所入ったら、めっちゃ健康になるような気がしてきました。
実際に太る人もいるみたいだし。

なんか出所近い受刑者が「刑務所出たくねぇ〜」ってガクガクブルブルしてる話があるんですが、それが凄く印象的でした。

刑務所ってこんなとこだっていう、良作漫画です。
犯罪するな、とか刑務所はいいとこだ、とか、そんな話じゃなくて
『刑務所ってこんなとこです、これみてどう思うかは読者次第』
ってことだと思いました。

アルフォートとコーラを片手にお読みください!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 漫画とか | 12:53 | - | trackbacks(2) |
燃えよペン
評価:
島本 和彦
竹書房
---
(1991-08)
漫画をちょっとでもかじったことある人なら、めちゃめちゃ笑うんじゃないでしょうか?
僕は、久しぶりにゲラゲラ笑いすぎて屁も出ました。

熱血漫画を描くということは命を削るってことなんだなぁって、改めて考えさせられます。

特に、「デッサンなんて気にするな!出来上がった原稿を裏から透かして見て、デッサンが正しかったら描き直すくらいの気合が必要だ!」って台詞には、ジーンときました。

僕は、一日100回くらい描いた絵を裏から透かして見る人間なんで、これぐらいの度胸が欲しいと思いました。

しかも、何度裏から見て描き直してもデッサンの狂いがとまらねぇよ…。
わかってんだよ…ダメなことぐらい…でも、なおらねぇんだ…。

とにかく、島本熱いぜぇ。
古本屋で安く買えてスーパーハッピー!チョーハッピ!ノリノリーイェー♪ファンタの肛門!

あ、ちなみに島本って、らきすたに出てくるアニメ店長のアレですよ。
おすすめします!


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 漫画とか | 07:57 | - | trackbacks(0) |
南くんの恋人
評価:
内田 春菊
文芸春秋
¥ 620
(1998-07)

僕達の世代だと、南くんの恋人って聞くと武田真治と高橋由美子のドラマ(たしかテレ朝)を思い出すと思うんです。

ドラマ版は、交通事故にあったちよみが小さくなってしまって、で、最後はちよみが消えてしまうんだけど「本当は、あの交通事故で死んでいたはずなのに神様がちょっとだけ私に時間を与えてくれた」とか言って消えてしまうピュアラブストーリー(ちょーうろおぼえ)だったと思ったんですけど、昔、大好きな人に「原作は本当に良いよ」って勧められたの思い出して、古本屋で読んでみました。

ラストシーンを見て、胸がギューッと掴まれる様な気持ちになって、なんとも形容し難い複雑な気持ち(切ないとも苦しいともとれるし、ただ漠然と悲しいんだけど、悲しいで片付けるには勿体無いような気持ち)で、家路について、そのまま寝たんですけど、どうしても、ちよみのことが気になってしまい、結局、次の日、古本屋に行って買ってきました。

以下、ネタバレ。
もし、読んでみたい人は、続きを読まないで欲しい。
内田春菊とかあんま知らない若い世代に読んで欲しいなって思いました。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


続きを読む >>
| 漫画とか | 09:16 | - | trackbacks(0) |
おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
僕は浅野いにおが好きですけど、この漫画はあまり好きじゃないですね。

業界で絶賛の嵐、みたいな帯がついてましたけど。

なんていうか、いかにも「哲学的だろ?」「斬新だろ?」みたいなのが、あんまり好きじゃありません。この手の話なら古谷先生の方が好きですね。

…でも、まだ始まったばかりだし、僕も予断しないよう読み続けていこうと思います。

プンプンみながら色々考えるよりだったら、昔、コロコロコミックでやってた「魔界ゾンべぇ」を読んで死について考えた方がいいかなぁって思います。魔界ゾンべぇなんてウンコしちゃったらケツから肉片ボロボロ崩れて、ウンコだけじゃなくて大腸とか内臓のほとんど出しちゃうんだもの。ひぐらしどころの騒ぎじゃないです。あれを小学生に読ませて何を狙っていたのか、非常に興味深いところですね。
| 漫画とか | 16:48 | - | trackbacks(1) |
あまいぞ!男吾 (1)
評価:
Moo.念平
英知出版
---
(2001-12)
僕の本当に大事な宝物漫画です!
ちょっとお値段が張りましたが頑張って購入しました。

これ本当にめちゃくちゃ名作なんです!
読んでるとホロッときちゃう。

少年漫画の見本っていうか、こういう漫画を子供達に読んで欲しい。
ホント、切実にそう思うんです。

『最近は泥臭い漫画を描ける漫画家がいないし、そういう漫画も人気がでない』
って、漫画の編集者が言ってたみたいな記事を読みましたけど
あまいぞ!男吾みたいな漫画は、ほんとに出てこないですね。

小学生編、中学生編、高校生編の3部作なんですけど、中でも小学生編の完成度は目を見張るものがあります。

まず驚くのがMoo先生の画力です。
漫画の画力っていうのは、やっぱりデフォルメにこそあるってのを改めて強く思いました。若者は小畑先生みたいな絵を好む人が多いように思いますけど、漫画の画力ってのは写実的なものだけを差すのではないと思うんですよね。あまいぞ!男吾に至っては、本当にキャラクターが生きてるっていうか元気なんですよ。コマから飛び出してきそう。つーか、ほんとにキャラクターデザインが抜群で、うざったくないちょうど良いぐらいのディテールで見やすいし、女の子がホントに可愛い。特に知子(しるこ)姉ちゃんの可愛さは、僕のお嫁さん候補ランキングではトップクラスですよ。他には、円谷操も可愛い。っていうか、よく出来ている。あと双子の女ボディーガード乱と舞。男だったら不破源次郎のかっこよさはビックリ。学生帽をあんな使い方するとは…。

とにかく勉強になります。

家族愛とか友情とか学校生活を通して「男とは何か?」を説く素晴らしい少年漫画です。
ベッタベタのベタな話の繰り返しだけど、だからこそ、作者の腕の秀逸さが、よくわかります。僕は人情ってものを目にする機会がほとんどなくなりました。僕の周りは目先の金や、セックスのこと、見栄を張ることばかりしか考えていない人達が多いです。男吾が繰り返し説く、「困ってる人は助ける」「間違ってると思った人は叱る」「友達や女のためには体を張る」そんな単純なこと僕は屁理屈をこねて遠ざけてきました。もう一度、自分を見つめ直そうとさえ思いました。

それから、殴って教えるってのも、やっぱ大事だなって思いました。躾と称して殴れって話じゃなくて『振り上げた拳に責任が持てるなら、それを使っても良い』って話です。場合によっては叩いて教えなきゃいけないこともあるんだなぁって。僕に出来るかは疑問ですけど。

僕は、これを読んで勇気をもらいました。
そして、二年半伸ばしてた髪を切りました。
改めて自分のやりたいことに真正面から取り組んでみようと思いました。

僕が、イジメやなんやで悶々としてるとき「うしおととら」を読んで、救われたことがあります。本当にうしおがいなかったら人生もっとダメだったように思います。男吾もそうだけど、漫画って、ほんとに夢や勇気をくれると思う。漫画に限らず、映画や小説、音楽、ゲーム…なんでもそうだけど、作り手の情熱は、人の心を動かして人生すら変えてしまうもんだと。次の人生は、ぜひそっち側の人間になりたいです…。

僕は、本当に漫画が好きだと思いました。
超おすすめします!特に人生に疲れた人たちに読んで欲しいです。

追記:もともとは、ティッシュ!四五九郎とロリコンボーイ、くさいぞ!まんこってパロディやろうと思って資料であまいぞ!男吾買ったんですけど、読んだらとても弄ろうって気になれませんでした。ダッシュよんくろうも、徳田ザウルス先生(去年亡くなってます)の日記っていうか後書きみたら、申し訳なくて弄れなくなりました。ラジコンボーイは気兼ねなくやりたいです。
| 漫画とか | 02:21 | - | trackbacks(0) |
ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト
僕の宝物漫画のひとつです。

毎日の様にamazonをチェックして、やっと手頃な値段で購入できました。

ヤマジュン漫画は、もはや哲学です。
読めば読むほどヤマジュン(確か現在消息不明)という人の魅力に引き込まれます。

くそみそテクニックはもちろん、男狩り、ぼくらのスゴイやつ、地獄の使者など傑作が目白押しです!

ウホッやバシィーッなどヤマジュンワールドに触れてみてはいかがでしょうか?
ちなみに僕は、これを読んでゲイになりました。

現在、amazonで購入しようとすると17,000円だそうです。
なので、こちらをお勧めします!

これはまじでお勧めです!いまさらですが、いちど全部目を通しておいた方がよいですよ!
| 漫画とか | 01:37 | - | trackbacks(0) |
ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)
評価:
鬼頭 莫宏
小学館
¥ 590
(2004-06-30)
今でもハッキリ覚えているが、中学2年生の時、国語のテストで

『これは日本に滞在している外国人を見て、どう思いますか?』という質問の答えのアンケート結果です。この円グラフをみて貴方の意見を作文にしなさい。

という問題がでた。その1位が『親切にしてあげたい』で、それから、もうちょっと下位に『かわいそうだと思う』という項目があった。

僕は、その結果をみて日本にきた外国人に親切にしてあげたいとか、ましてや、かわいそうだと思うなんてのは、思い上がってんじゃないか?何様のつもりかわかんないという内容の作文を書いたら減点された答案が返ってきた。国語の先生からも「あなたの考え方は人と違っていて採点しづらい」という旨のことを言われた。その時、僕はこの先生は救いようのないバカだと思った。人と違った考え方?なんだそりゃ。みんなが同じこと考えろってか?本気で腹が立ったから、今でもよく覚えている。

その後、学年が変わって国語の担当が変わっても作文を書いて職員室に呼ばれて説教されたことが何度かあった。英語での作文では、物凄い説教され大減点されたのも覚えてる。そのうち面倒くさくなって、先生達が喜びそうなことしか書かなくなった。

この時、かかった中2病は未だに治っていないみたいだ。

僕は外国人や障害者、動物とかを簡単に「かわいそう」だのいう人達が昔から好きになれなかった。簡単に言ってくれるな、と、いつも思う。

僕らは、好む好まざるは別にして経済大国日本に生まれた。わかりやすく言えば金持ちの子だ。世の中に金持ちがいれば、当然、貧乏人がいる。

なぜか?それは金の価値が無尽蔵ではないからだと僕は思っている。
単純な理屈だ。
数の決まったものを、たくさん持っている人がいれば、残りの人の取り分は少ない。
持っているほうは生きるのが楽で、持っていない方は生きるのが苦しい。

僕達の暮らしは、そういった持っていない人達の苦しみの上に出来ている。
彼らは泥水すすってつらい思いをしながら、持っている側に搾取されている。
そして、僕らはそういった人達に目も向けずに、必要のない消費を繰り返して
合理的に無駄なものは捨てていく。
本当に僕達が捨てている無駄なものは、もしかしたら
「持っていない人達の気持ち」なのかもしれないと思う。

僕らは生まれながらに大きな見方をすれば搾取する側だろう。
それは、日本人に生まれた業だと思う。
僕らが、不自由ない生活を送っていられるのは、
世界の誰かが貧乏で苦しい思いをしているお陰なのだと僕は思っている。
だからって、僕らが今の生活をやめて、世界平等の架け橋になるなんてのは
どだい無理な話だろう。

だったら、僕に出来るのは、一生懸命に業を背負って生きることしかないと思う。
一生懸命に生きなきゃバチが当たる、と。
でも、こんな話をしても僕の周りは誰もわかってはくれなかった。

ただ、やっぱり思うのは日本人の僕達が中東や発展途上国の人達、海外からの出稼ぎ労働者に対して軽率に「かわいそう」だの言うべきではないってことだ。

障害者の方に対しても、健常者の僕達が(僕が健常者なのかは疑問だけど、僕はまだ病気だなんて診断は受けたことがありません)軽率にかわいそうなんていうべきでないし、牛や豚、鶏、魚、いろんな動物を殺しまくって食い散らかす僕達が、軽率に動物にかわいそうなんて言っていいものか、僕には未だによくわからない。

みんなが犠牲の上に立った日本人であることに責任を感じたり、
たくさんの命を必要以上に奪っている人間であることに責任を感じたりできれば、
もうちょっとだけ、マシな世の中になってるんじゃないかと
中2の頃から、ずっと思い続けて、今でもやっぱりそう思ってます。

…さて、前置きがクソ長くなりました。
この「ぼくらの」という漫画、最近読んだ漫画の中ではいちばん好きです。
本当に読んでて涙がボロボロ出てきた。
「こんな漫画で泣くなんて、どんだけぇ?」とかバカにされそうですが、オッサンが涙を我慢するには少々きつい内容です。

「矢村大一編」「半井摩子編」「本田千鶴編」「阿野万記編」「切江洋介編」

この5つでジーンときた。特に半井と阿野と切江。半井の時は涙でてきて、阿野の時も涙出てきて、切江の時は、本当に泣けた。切江の言ってることが、僕がずっと思ってきたことだから本当によくわかって、で、クライマックスの見開きのページで涙いっぱい出た。苦しすぎるわ、こんなの。でも、そこには『生きろ』ってメッセージが強く強く示されいる気がしました。

「ぼくらの」の世界観はエヴァンゲリオンとガンツをあわせた感じ、絵柄や魅せるヒューマンドラマは浦沢直樹の影響かなぁなんて勝手に思ったりしてます。

とにかくお勧めです!

アニメ版はGONZOだし、なんかチラっとみたら、だいぶキャラデザも原画もイメージと違うので原作だけでいいかなぁとかも思うけど、動くジアースもいいかも知れませんね。
| 漫画とか | 00:51 | - | trackbacks(1) |