映画、ドラマとか | 週刊少年生理ブログ

週刊少年生理ブログ

メンスな日々 

doujin




twitter



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
web clap



RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE

FAVORITE
PROFILE


OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東京ゴッドファーザーズ
評価:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 4,540
(2004-04-28)
クリスマスにちなんだ映画っていうことで『東京ゴットファーザーズ』にしてみました。(なんか前にも書いた気がするけど)
今敏監督作品では、いちばん好きです。
クリスマスに起きる奇跡?みたいな?

ところで、昨日はPCの前に携帯電話を置いて正座しながらPC画面を凝視しつつ、暇さえあれば携帯のメール受信確認を押してみたんですけど、PCの方は、メールがいっぱい来すぎてサーバーダウンしたみたいで、メールきてなくて(でも、なんでかスパムは届く)、携帯もメールがなかなかこなかったんですけど、やっと届いたメールはHさんからでタイトルに「メリークンニグリス」と書いてありました。その後、知人の高橋くんから「メリークリトリス」って言われました。僕がゲイだったら、こんなに嬉しいクリスマスはなかったと思います。ゲイで生まれれば良かった。

それから朝までゲームセンターCX生放送を見ながら、メールを待ちましたが、メールがいっぱい来すぎてたみたいで、サーバー落ちててメールが届きませんでした。

でも、よくよく考えると僕は初めから女性とかクリスマスに興味がないし、昨日、ケーキと大量の鶏肉を1人で食べたのは、たまたま食べたかったからで、そう、たまたまね、ケーキと鶏肉食ったら、その日がアメリカのクリスマスとかいう日だったってだけで、僕はそういうなんていうかイベントみたいな浮ついたことはしない主義だったので、日課の般若心経の写経してましたよ。

そもそも昨日がクリスマスだって気付いてなかったもん。あれ?そんなイベントもあったねぇ…俺、小学校でそういうの卒業したからさ…みたいな?僕って、ほんとに世事にうてー。もう少し、ミーハーに生きろよ、ぼく!

なんか、僕、みんなが幸せだったらそれで嬉しいんですよね。
ほんと、みんなが幸せなのが一番だよ!
最高に嬉しい!
みんな本当にありがとう!

やっほほ〜い!ひゃほー!みんなのこと愛してるよ!


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 映画、ドラマとか | 18:57 | - | trackbacks(0) |
スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付)
評価:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 3,091
(2007-10-17)
スパイダーマンは大好きで割りと何回も見てます。
3もスゲー楽しみにしてました。

アクションシーンが相変わらずほんとカッコイイ!
特に後半のゴブリンジュニアがカッコイイなぁ。
サンドマンも凄い!
ワンピースのクロコダイルも実写でいけますね。

映画の内容うんぬんよりも、スピード感あるアクションが好きです。

なんかダンスシーンとかいらないからアクションもっと見たかったなぁ…。
脚本は個人的には東映版の方が好きな感じです。

よく合コンでスパイダーマンの真似してました(友達が振るので)けど、

「スパイダーマンっていうか猿みたい」
「スパイダーマンっていうかゴリラみたい」
「スパイダーマンっていうかオラウータンみたい」
「きもいとこだけ蜘蛛に似てる」

と割りと好評でした。実際、すげー真似が上手いという自負があるんですけどね。
手首んとこから糸飛ばすアクション相当自信あります。

今度、合コン呼んで下さい。
ウォーズマンの真似も自信ありますので。


JUGEMテーマ:映画


| 映画、ドラマとか | 02:02 | - | trackbacks(0) |
パフューム スタンダード・エディション
評価:
ギャガ・コミュニケーションズ
¥ 2,952
(2007-09-07)
前から観たくてスッゲー期待して観たんですけど…脚本があんま好きな感じじゃなかったです。主人公に関わった人が無意味に死んでいく展開が何か安易だなぁって思いました。

最高の香水を作る為に女性を次々と殺していく訳ですが、快楽殺人者でもないのだから、殺す必然性ってあるのかなぁって。体臭は死んだほうが良いものが出るっていうならわかりますけど。

ラストシーンも、どうかなぁって思いました。
ただ、ものすごい数の人が一斉にセックスを始めるクライマックスシーンは圧巻だなと。

僕、今までの人生で心の底から、いい男だなぁって思ったのってダスティン・ホフマンなんですけど(笑顔が本当に優しい、思わず尻穴が濡れる)、この映画に出てるダスティン・ホフマンはメイクの性もあると思うんですが、もう爺さんなんだなぁって尻の穴がキュッと閉まる思いがしました。どうでもいいですが。

たまに自分のワキの臭いとか足の臭いとか、ティンPの臭いとか嗅ぐと止まらなくなることがあるので、僕の臭いで香水作って、DJの香りみたいな名前で売ってみたいです。


JUGEMテーマ:映画


| 映画、ドラマとか | 17:21 | - | trackbacks(0) |
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
僕ぐらいの年齢なら、ほんとは自分の子供と見るんでしょうけど、トイザラスキッズであり、本籍がネヴァーランドに登録されている僕は、GEOのクレしんコーナーに群がる子供が掃けるのをじっと待って、誰もいなくなった瞬間にササッと借りて、見てみました。

面白かったです。

子供向けっていうよりも、明確に親子連れに向けた作品なんだろうなって思いました。
監督の気合を感じます。

『ホントはあの時、死んでたはずなのに神様が時間をくれた』って、どっかで聞いたとスゲー気になってたらドラマの南くんの恋人でした(たぶん)。

こどもも、大人も、おねーさんも、あと僕のような寂しいオッサンにもお勧めです。


JUGEMテーマ:映画


| 映画、ドラマとか | 06:54 | - | trackbacks(0) |
紅の豚
評価:
森山周一郎,岡村明美,加藤登紀子,大塚明夫,宮崎駿
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,759
(2002-03-29)
何回みたんだか忘れましたが、何回見ても面白いですねぇ。
歳をとればとるほど、新しい発見があっていいです。

冒頭の幼稚園児が空賊に誘拐されるシーンなんかは、いかにも宮崎アニメっていうか、ほんと微笑ましくて楽しくなりますね。

飛行機や大空に対する憧れっていうか敬意っていうか、そういうものがお腹一杯感じられるし、なんつってもオッサンの渋さっていうか、ホントに歳をとるのも悪くないなって思いました。

題材として豚もいいですけど、ハゲもいいんじゃないですかねぇ。
ハゲが自慢の泳げ湯太郎を使って、イタリア野郎とお風呂でレースしてヒロインの若い女性にキスしてもらったらEDが治ったし、金運もみるみる上昇し筋肉もついて女性にモテモテ、今では渋谷のDJになって洋楽も聴くしスノボ、サーフィン、ダンスにレゲエに総合格闘技もやるし、意外に炊事選択などもできるし、優しいし、面白いし、ファッションも凄くて、いつもZOZO TOWNから購入してるし、あと難しい本読むし、村上春樹が好きで、好きな漫画はNANAです。あとお笑い芸人に詳しいし、芸能人に友達がいるし、政治に興味があって、投資とかすげーやるし、普段は英語でしゃべるし、バイクはアメリカンで車はシボレーで家にはアメトイのフィギアやスターウォーズにヴィンテージのMA1とジーンズに囲まれながらスローライフで田舎暮らしの有機野菜でチョイワル百姓の酸素バーがヒットし、ニガーの盆踊りブートキャンプで50舛離瀬ぅ┘奪箸棒功したと吹聴する時計はロレックスのハゲの話し…あっ、すみません、まるで僕の自伝みたいになっちゃいましたね。ヒット間違いなしなので内容パクってもいいですが、僕にお金をください。130万円ほどでいいです。親孝行につかいます。
| 映画、ドラマとか | 08:44 | - | trackbacks(1) |
犬神家の一族(1976) 廉価(期間限定)
評価:
石坂浩二,高峰三枝子,あおい輝彦,島田陽子,三國連太郎,市川崑,横溝正史
角川映画
¥ 3,100
(2007-07-06)
石坂金田一は、全部観てます。

しかし、この頃の役者さんていいですよね。雰囲気あるっていうか、その辺にいそうなオッサンやオバサンみたいで、それが逆にいい味だしてる気がします。

子供の頃と中学生かそこらで見て、今回で3回目ぐらいだと思いますが、大人になってやっとこのドロドロしさがわかってきました。男色、妾、強姦…まぁ、子供には、この辺のことはわかりませんよね。

2006年版も後で観ようと思っています。

それにしても、このシリーズにゲスト出演している横溝正史の演技っぷりには、思わずブフーッてなります。これは、一回見て欲しいです。
| 映画、ドラマとか | 18:47 | - | trackbacks(0) |
ライフ
ライフ

久しぶりにドラマというものを全話通して見てみました。(来週が最終回)

正直、おもしろくもなんともなかったですけど何で毎週みてたかというと『女子高生の太ももが眩しいから』です。

とにかく太ももを凝視してました。太ももドラマです。

あと細田よしひこクンの演技は、上手い下手はわかりませんが、僕は好きです。あの極端な感じがたまりません。笑顔が素敵です。

いじめが主題のドラマな訳で、いじめがトラウマの僕から全国のいじめられっこに言いたいのは、

いじめから抜け出すためには狂った自分を演出する

ってことです。僕は、いじめにあってた時は、学年集会中に突然大声で「ノイズだらけのテレビがよぉ…ガガ…ガガ…てめぇ…天罰…ガガ…サイレントメビウス…月が…月が狂っちまって鼻がうずくぜぇ…ガガ…ガガ…レディオガガ」と叫んだり、授業中にフレディ・マーキュリーのポスターを舐め回したり、常にダイス2つを転がしてピンゾロが出たら「クリティカルヒット!次に振ったサイコロの出た目×10のダメージだぜぇ」と言ったり、理科室のビーカーを聖杯だぁぁぁと言ったり、俺は空を飛べるって言いながら技術室でハンダゴテ振り回してみたり、文化祭の日にドメストをイッキ飲みすんぞぉって予告したり、期末テストの氏名欄に「クリスタル・グリフォン(現世:アルフォンス・ドーテ)」と書いたりしました。

あっというまにいじめはなくなりましたよ。あいつは狂ってる、みたいな畏怖の目で見られました。狂ったフリをして、お前のこととことんやっちゃうよ?みたいな虚勢を張れればいじめには勝てます。まずは授業中にヘラヘラ顔でアルミホイルを虫歯で噛むところから始めてください。

きっとうまくいくよ!
| 映画、ドラマとか | 13:10 | - | trackbacks(1) |
それでもボクはやってない スタンダード・エディション
評価:
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司,周防正行
東宝
¥ 3,271
(2007-08-10)
「司法は腐ってる」なんて、よく聞きますけど、この映画をみたらホントに洒落にならんなって思いました。まじ洒落になってない。もし本当に痴漢をやってないのに痴漢で捕まってしまったら、僕は迷わず認めちゃいます。もう不幸な事故にあったと思うしかない。これだけ時間と金と労力を惜しんでも何一つ報われないものって本当にあるんだなぁって改めて思いました。

裁判や警察での取り調べ等、普通に暮らしてたら知りえない知恵を、この映画から頂いた気がします。予備知識がないと、どんどん事態は悪い方向へ向かっていって泣き寝入りするしかない…なんてことになりかねないんですよね。

裁判官の心象がこんなに大事だってのも知らなかった。言い方がなんだか矛盾してますけど、裁判官って国家に飼われた神様みたいです。前々から本や雑誌で読んで知ってはいたけど、本当に所詮は国家の走狗なんだなぁって。

心象の悪さでいったら、僕は既に性犯罪者でしょう。僕が描いた漫画やら文章やらを証拠であげられたら、赤の他人だったら百人中百人が僕が性犯罪者であるというでしょう。

罪って、そんなもんなんだなって思いました。

やったか、やってないかよりも「その罪に値する人間かどうか」みたいなことなんでしょうね。

とにかく、意義深い良い映画だと思います。満員電車に乗る人は見てて損しないと思います。僕は超満員電車の経験がない(一番混んでたのでも金曜日、東横線の渋谷発の終電ぐらい)ので、もしそんなのに乗らなきゃいけなくなったら、常にホールドアップしながら「わしゃあ痴漢じゃないけんのぅ〜」って大声で常に怒鳴ってギギギ…ギギギ…って言ってたいです。それぐらいしないと安心できない。

あとキャスティングが、主役を加瀬さんじゃなくて植草教授にしたら、もっとリアリティ出たと思う。僕は割りと植草教授の国策逮捕説を信じていたんですけど、再犯で捕まった時は悲しくなりました。まぁ、今回も国策逮捕でしょうけど。

とにかくスオ監督にはこれからも良い映画を撮っていただきたいと思いました。
次は草野球の映画とか。
| 映画、ドラマとか | 08:28 | - | trackbacks(0) |
耳をすませば
評価:
本名陽子,高橋一生,露口茂,小林桂樹,高山みなみ,柊あおい
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,860
(2002-05-24)
合コンとかでジブリの話になったりするんですけど、その時に、一番好きなジブリ作品はって聞かれて、みんなナウシカとかラピュタって答えるんですけど、僕は何度でも言いますよ、耳をすませばって。

雫のカントリーロードも未だに歌えますし、台詞も結構覚えてますよ。

誰だってあんだろうが、こういう甘い青春がよぉ。
チキショー。

どこでどう間違って、僕はこんな大人になりましたか?

夢に恋に、誰もが通ってきたカントリーロードを、この映画で振り返ってみてはどうでしょう?

おすすめします。
| 映画、ドラマとか | 20:57 | - | trackbacks(0) |
リリィ・シュシュのすべて 通常版
評価:
伊藤歩,岩井俊二,市川実和子,小林武史,大沢たかお,稲森いずみ,忍成修吾,蒼井優,篠田昇,市原隼人
ビクターエンタテインメント
¥ 5,750
(2002-06-28)
今よりも全然ネットが普及する前にネット(っていうか掲示板)を題材にした、たしか2001年頃の映画(この頃、いろいろあったんでよく覚えてる)です。

めっちゃ大好きな映画。邦画の中じゃ、かなり好きです。

岩井俊二監督の描く映像美っていうか、ほんと綺麗で素敵。
この頃の蒼井優が、めっちゃ可愛いんですよ。援交中学生の役なんですけどね、ほんとに援交やってる子だと思ってました。

青春って残酷で美しいモノみたいな感じを受けました。
学校でのいじめとか自殺とかも、結局は日常に流れていってしまって、『ただ、そういうことがあったし、そういうこともある』的なことなんだろうな、と。生まれることや死ぬことは大きなドラマでもありますが、反面、毎日繰り返される普通の日常です。誰が救われて、誰が傷ついたのか。誰もが傷ついて、誰もが救われたのか、僕は、そんなことを色々考えました。

ラストシーン、輪姦されて怪我で包帯だらけで、ショックから頭を丸坊主にした女子校生(優等生で、女子達には妬まれてた)が窓から入る溢れるばかりの日差しで光った音楽室でドビュッシーの月の光って曲だったと思うけど、それを優雅に弾いてるのが凄く凄く綺麗だと思いました。(ほんとにそんなシーンだったか、うろ覚えですけど)

つーか、このDVDの発売日、僕の誕生日でした。グヒヒヒヒヒッ
| 映画、ドラマとか | 18:37 | - | trackbacks(0) |